読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の絶景を旅するテレビ番組制作会社のブログ

世界を旅する撮影隊が 旅行に役立つお得な情報や撮影のノウハウをお届けします

フォンティーナチーズの産地で味わう

ヨーロッパ グルメ 暮らし・伝統・文化

イタリアはチーズ大国として知られていますが、中でもアルプスのお膝元、ヴァッレ・ダオスタ州(Valle d'Aosta)で作られる山のチーズ、フォンティーナチーズの味は格別です。

モンブランマッターホルンモンテローザといったアルプスの名峰に囲まれたヴァッレ・ダオスタ州では、13世紀頃から保存食としてフォンティーナチーズが作られてきました。今回訪れたのは、標高2300mのアルペ・グリモンデ牧場。

f:id:WorldStaff:20160810115442j:plain


ここで放牧された牛たちの乳が、フォンティーナチーズの原料になります。腰バンドでお尻にくっつけたブリーラに腰掛け、木靴サボを履くのが、伝統的な乳搾りのスタイルです。サボはとても頑丈なので、間違えて牛に足を踏まれても大丈夫。

f:id:WorldStaff:20160810115443j:plain


搾りたての牛乳を温めて、およそ1時間かけて分離。それをモデットという専用の道具で撹拌した後、固形分を取り出します。

f:id:WorldStaff:20160810115444j:plain


取り出した固形分は型に入れて水分を取り除きます。

f:id:WorldStaff:20160810115441j:plain


そしていよいよ熟成。塩をすり込み、モルジュという液体でブラッシングします。これを何度も行うことで、フォンティーナチーズ独特の香りが出てくるのです。

f:id:WorldStaff:20160810115439j:plain


熟成すること数ヶ月、いよいよフォンティーナチーズの誕生です!

f:id:WorldStaff:20160810115440j:plain


さて、フォンティーナチーズを味わってみましょう。
いろいろな食べ方がありますが、溶かすとより味わいが深くなることから、イタリアのチーズフォンデュと呼ばれるヴァッレ・ダオスタの伝統料理、フォンドゥータがおススメ。

f:id:WorldStaff:20160810115437j:plain


ワインを入れず、牛乳と卵黄だけで作るので、とってもコクのある、濃厚な味わい。フォンティーナチーズの風味も際立ちます。フォンデュと同じように、パンなどをつけていただきます。

f:id:WorldStaff:20160810115438j:plain


これはちょっと病み付きになるかも!

イタリア産 フォンティーナ約500g

イタリア産 フォンティーナ約500g