読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の絶景を旅するテレビ番組制作会社のブログ

世界を旅する撮影隊が 旅行に役立つお得な情報や撮影のノウハウをお届けします

オーロラベルト直下の隠れ家(1)

さて、また今年もオーロラの季節が始まりました。カナダ・ユーコン準州のトゥームストーン準州立公園(Tombstone Territorial Park)では今、紅葉とオーロラの両方を観察できる、絶好の観光シーズンを迎えています。今回はトゥームストーン観光に最適な、知る人ぞ知る(?)ロッジを紹介しましょう。

f:id:WorldStaff:20160809152006j:plain


トゥームストーンは見渡す限りのツンドラ地帯、準州立公園内には宿はまったくありません。キャンプ生活が続くとなると、旅行者としてはちょっとハードルが高いですね。

f:id:WorldStaff:20160809152014j:plain


でもご安心を! ドーソンシティ(Dawson City)からおよそ30km、準州立公園まで車で20分ほどのデンプスターハイウェイ(Dempster Highway)沿いに、たった1件ですが、けっこう「いい」ロッジがあるんです。その名は「ベンセンクリーク・ロッジ(Bensen Creek Lodge)」(HPはこちら)。

f:id:WorldStaff:20160809152030j:plain


このベンセンクリーク・ロッジ、私たちも取材で宿泊させていただいたのですが、はっきり言って第一印象は「最悪」でした。デンプスターハイウェイ沿いの看板がある小道を入ると、すぐに酷いダートの道が! やがて以下のような看板が見つかりました。

f:id:WorldStaff:20160809152027j:plain


要は、「バギーで迎えにいくから、ここから宿に連絡して! 4WDなら来れるけど、自己責任で!」ということ。しかし電話は全然通じず、宿まで750mくらいだというので、4WDで行くことにしました。ところがこれが完全に裏目。雨が降っていたこともあり、スタックの連続。途中落ちていた木の板等を使いながら、なんとかロッジにたどり着いた頃には、1時間近く経過していました。これ、4WDでなかったら、間違いなく辿り着かないです。

f:id:WorldStaff:20160809152029j:plain


さて、肝心の宿は森の中に点在しています。上の写真がメインロッジ。

客室のロッジは計2棟あります。写真左側が客室、右側はサウナ室です。

f:id:WorldStaff:20160809152021j:plain


もう一つの客室。入り口には、洗面に使う雨水が入ったポリタンクが設置されています。

f:id:WorldStaff:20160809152022j:plain


部屋の中は意外にも(!?)、とても清潔感に溢れています。まきストーブがいい感じ。

f:id:WorldStaff:20160809152023j:plain


森の中にある三角の小屋。これ、実はトイレなんです。白い幕の内側では、小鳥のさえずりを間近で聞きながら用を足せます。リスも目の前に現れてましたね・・・

f:id:WorldStaff:20160809152012j:plain


小屋の中は、外観からは想像もできないほど清潔感があってびっくり!

f:id:WorldStaff:20160809152013j:plain


そして謎の五右衛門風呂!?

f:id:WorldStaff:20160809152025j:plain


目の前には、名前の由来となったベンセンクリークが流れています。

f:id:WorldStaff:20160809152018j:plain


というエコ全開のロッジなのですが、ここの素晴らしさは、この段階ではまだよく分かりませんよね。なぜこんなロッジが何年もやってこられたのか? そこのところは長くなりますので、次回で詳しく触れていきたいと思います。あー、このバギーで来てもらえば良かったんだな・・・

f:id:WorldStaff:20160809152015j:plain