読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の絶景を旅するテレビ番組制作会社のブログ

世界を旅する撮影隊が 旅行に役立つお得な情報や撮影のノウハウをお届けします

オーロラベルト直下の隠れ家(2)

オーロラベルト直下、森の中にある隠れ家ベンセンクリーク・ロッジ(Bensen Creek Lodge)。ここの一番の魅力は? というわけで、前回の続きです。

f:id:WorldStaff:20160809152020j:plain



悪路を悪戦苦闘の末辿り着いたロッジですが、待っていてくれたのは、フランス出身のオーナー、ジェラール(Gerard Cruchon)さん。持っている巨大キノコは、今晩のおかずになるそうなんですが、果たして・・・?

f:id:WorldStaff:20160809152009j:plain


到着して、なぜ入り口から電話が通じなかったのかが分かりました。このロッジ、電気がないので、電話が使えないんです。しかも携帯電話も圏外で繋がりません。暗くなると自家発電をするので、朝と夕方から夜にかけては電話が使えるようになります。しかし今回は、肝心の発電機が故障! 必死に修理するジェラールさんと、それをじっと見つめる愛犬セルティック(Celtic)。でもさすがです。バラバラに分解した結果、直してしまいました。

f:id:WorldStaff:20160809152026j:plain


さて、食事です。すべてジェラールさんの手作りなんですが、これが本当に美味しいんです。

f:id:WorldStaff:20160809152031j:plain


パンは毎日焼きたての、アツアツ!

f:id:WorldStaff:20160809152016j:plain


先ほどのキノコは、見事なソースになりました。

f:id:WorldStaff:20160809152007j:plain


パンに乗せて食べると、もうやめられません! 実はこのキノコ、幻の高級マッシュルームとして有名なんだそうです。それが自生しているベンセンクリーク、すごいです。

f:id:WorldStaff:20160809152008j:plain


そしてメイン。シンプルな山の男の料理という感じですが、とにかく味わい深くて素晴らしい。まさかこんな場所で、このようなおいしい料理に巡り会えるとは、思ってもいませんでした。

f:id:WorldStaff:20160809152019j:plain


ジェラールさんの特技は、料理だけではありません。実はもう30年も、トゥームストーン準州立公園(Tombstone Territorial Park)のガイドをやっている、スペシャリストでもあるんです。ユーコン準州の自然のことは、もうお手の物。ロッジの前では、小鳥がジェラールさんの手から餌を食べにやってきます。

f:id:WorldStaff:20160809152028j:plain


でも、このロッジの一番素晴らしいところは、なんといっても、その居心地の良さ。「自分の家にいる気分でくつろいでください!」というジェラールさんの言葉を聞くまでもなく、初めて来たのにソファーに寝転んでしまうような温かい空気が、ここベンセンクリーク・ロッジには間違いなくあるんです。ジェラールさんのホスピタリティ溢れる人柄が、きっとそうさせているんでしょうね。

f:id:WorldStaff:20160809152010j:plain


あまりにも居心地がいいので、次の日も泊まらせてもらいました。チーズフォンデューが、冷えた体にはたまりません!

f:id:WorldStaff:20160809152017j:plain


ユーコン準州に来たら、必ず立ち寄りたいベンセンクリーク・ロッジ。でも、あの道だけは、本当にもう・・・ セルティック、なんとかしてください!

f:id:WorldStaff:20160809152024j:plain