読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の絶景を旅するテレビ番組制作会社のブログ

世界を旅する撮影隊が 旅行に役立つお得な情報や撮影のノウハウをお届けします

世界の海で出会った魚図鑑【ジンベエザメ】

f:id:WorldStaff:20160901162702j:plain

種名データ
【和名】 ジンベエザメ
【英名】 Whale Shark
【学名】 Rhincodon typus
【分類】 ジンベエザメ

被写体データ
【体長】 7m
【場所】 オーストラリア エクスマウス
【水深】 3m

言わずと知れた世界最大の魚。最大13mあるといいますが、体長10mを超える個体に出会えるのは稀で、普通は4〜7mくらいの個体が多いです。場所によってはスノーケリングのみ可で、ダイビングは禁止というところもあります。水面を吸い込むような捕食シーンは大迫力です。

見た目のとおり性格は穏やかで、ダイバーの存在を無視するかのようにゆっくり泳ぎます。ジンベエザメを見かけたらできるだけ水面をバシャバシャさせず、静かに泳ぎましょう。

どこで出会える?

ダイビングでは
フィリピンのセブ島オスロブではかなりの高確率で出会えます。その他タイやモルジブ、西オーストラリア、メキシコなど、狙える場所は意外とあります。沖縄県の読谷や高知県の土佐清水では海上のいけすでジンベエザメを飼育していて、ダイビングやスノーケリングで出会うこともできます。

水族館では
沖縄の美ら海水族館、大阪の海遊館は有名ですが、神奈川県の八景島シーパラダイス、石川県ののとじま水族館いおワールドかごしま水族館でも見られます。


(※この内容は実際に出会ったものの主観であり、学術的なものではありません。出会える場所では、それをお約束できるわけではありません。)