読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の絶景を旅するテレビ番組制作会社のブログ

世界を旅する撮影隊が 旅行に役立つお得な情報や撮影のノウハウをお届けします

世界で出会った魚図鑑【トラフザメ】

f:id:WorldStaff:20160905174639j:plain

種名データ
【和名】 トラフザメ
【英名】 Zebra shark
【学名】 Stegostoma fasciatum
【分類】 トラフザメ科

被写体データ
【体長】 2m
【場所】 ニューカレドニア イルデパン
【水深】 25m

ずんぐりした体型に独特のヒョウ柄模様で、見間違えようがありません。「トラフ」の名は幼魚の時の模様が縞模様であることから付けられました。ダイバーにはレオパードシャークの呼び方の方が馴染み深いかもしれません。ところが英語でLeopard sharkというと正式にはカリフォルニアドチザメ(Triakis semifasciata)を指します。生息域が重なっていないので間違えることはないでしょうが・・・タイなどの現地ではレオパードシャークでまず問題ないです。ちなみに英語の正式名はゼブラシャークといいます。

とてもおとなしく、昼間は砂地に着底して寝ているいることが多いです。起こさないように、そっと近づきましょう。目の前まで近づいても、まず危険はありません。この写真のように、中層を泳いでいることもあります。

どこで出会える?

ダイビングでは
タイのプーケットピピ島、シミラン諸島などのアンマダン海、ニューカレドニアのイルデパンなど。数個体がグループで寝ていることもあります。偶然であればあちこちの海で見かけますが、そこまで個体数は多くないかもしれません。

水族館では
青森県の浅虫水族館、茨城県のアクアワールド大洗、東京のサンシャイン水族館、アクアパーク品川、しながわ水族館、神奈川県の新江ノ島水族館八景島シーパラダイス、大阪の海遊館しまね海洋館アクアス、福岡県のマリンワールド海の中道いおワールドかごしま水族館沖縄県美ら海水族館など。飼育しやすいのか、見られるところは多いです。


(※この内容は実際に出会ったものの主観であり、学術的なものではありません。出会える場所では、それをお約束できるわけではありません。)