読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の絶景を旅するテレビ番組制作会社のブログ

世界を旅する撮影隊が 旅行に役立つお得な情報や撮影のノウハウをお届けします

世界の海で出会った魚図鑑【ツマグロ】

f:id:WorldStaff:20160901172257j:plain

種名データ
【和名】 ツマグロ
【英名】 Blacktip reef shark
【学名】 Carcharhinus melanopterus
【分類】 メジロザメ科

被写体データ
【体長】 1.5m
【場所】 タヒチ ボラボラ島
【水深】 2m

メジロザメ科の小型のサメで、ひれの先端が黒いので、見分けるのは簡単です。サンゴ礁のかなり浅い場所に生息していて、特に幼魚は足首程度の水深までやってきます。なお英語でホワイトチイプ・リーフシャークというと、ネムリブカのことを指します。

普段は臆病なのか、見かけてもあっさりと高速で通り過ぎることが多いですが、餌付けされているような場所では、目の前まで寄ってきます。

どこで出会える?

ダイビングでは
太平洋、インド洋の浅瀬ではどこでも見られますが、狙って見ようとなると餌付けされているタヒチボラボラ島やランギロア島がおススメです。

水族館では
小型で格好いいので多くの水族館で飼育されています。


(※この内容は実際に出会ったものの主観であり、学術的なものではありません。出会える場所では、それをお約束できるわけではありません。)