読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の絶景を旅するテレビ番組制作会社のブログ

世界を旅する撮影隊が 旅行に役立つお得な情報や撮影のノウハウをお届けします

ベルギー・モンスの世界遺産のお祭り「ル・ドゥドゥ」

ヨーロッパ 暮らし・伝統・文化 世界遺産

ベルギー、モンス(Mons)のお祭り、ル・ドゥドゥ(Le Doudou)をご存知ですか?

ル・ドゥドゥは14世紀に始まった守護聖人祭。元々はモンスの守護聖人である聖ウォードリュ(Sainte Waudru)の遺骨が納められた聖遺物箱を山車に乗せて、市内をパレードするというものでした。


しかし、17世紀頃から祭りの様子に変化が。ドラゴン退治の伝説で有名な聖ジョルジュ(Sainte Georges)が竜を退治するイベント「リュムソンの戦い(Le Combat dit Lumeçon)」が加わったからです。

イベント会場の街の広場は、すごい人だかり。

f:id:WorldStaff:20160810134850j:plain


戦う聖ジョルジュ(左奥)とドラゴン。

f:id:WorldStaff:20160810134848j:plain


観衆はなぜか上半身裸!

f:id:WorldStaff:20160810134853j:plain


この竜、戦いの最中にくるくる回りながら、尻尾を観衆の頭上にドン!すると裸の男たちが我先にと尻尾に手を伸ばします。

f:id:WorldStaff:20160810134851j:plain


実はこの竜の尻尾には毛が生えていて、尻尾の毛を手に入れると、1年間幸せに暮らすと信じられているのです。

それにしてもすごい盛り上がり!ここまでやってもケガ人がでないのは、聖人のご加護によるものなのでしょうか?

f:id:WorldStaff:20160810134852j:plain


上半身裸なのは、誤って服を引き裂かれないためだったんですね。

このイベント、毎年5月〜6月の日曜日の、キリスト教の三位一体の祝日に行われます。今年は6月15日。今からどうなるか楽しみです。