読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界の絶景を旅するテレビ番組制作会社のブログ

世界を旅する撮影隊が 旅行に役立つお得な情報や撮影のノウハウをお届けします

ボルネオの先住民族 イバン族の食料事情

アジア 暮らし・伝統・文化

マレーシア・サラワク州には、およそ30もの先住民族が暮らしています。中でも最大の人口を誇るのがイバン族。今回はイバン族の暮らすグマイリ村を訪ねてみました。

f:id:WorldStaff:20160810133557j:plain


イバン族の住居は長屋スタイルのロングハウス。グマイリ村のロングハウスは長さなんと150m! およそ40世帯、200人余が暮らしています。

f:id:WorldStaff:20160810133600j:plain


主食はお米。こじんまりとした焼畑農法陸稲を栽培しています。日本のお米より大きくて細長いのが特徴です。

f:id:WorldStaff:20160810133604j:plain


近くには胡椒畑がありました。サラワク州の胡椒は世界的なブランド品で、3日間天日干しにしてできた黒胡椒は自慢の逸品。村の貴重な収入源になっています。

f:id:WorldStaff:20160810133558j:plain


目の前の川で投網を投げると、ナマズをはじめ、いろいろな種類の魚が。

f:id:WorldStaff:20160810133603j:plain


川の淵では、タクヨンという巻貝が捕れます。竹筒に入れて蒸し焼きにすると、いい出汁が出ます。

f:id:WorldStaff:20160810133601j:plain


生活の糧をすべて熱帯雨林に頼っているイバン族にとって、薬草の知識はとても大切。ダウン・ルギンは虫さされや皮膚の湿疹などのかゆみ止め。

f:id:WorldStaff:20160810133556j:plain


スマモは喉の病に。幹を切って出てくる水分を服用します。

f:id:WorldStaff:20160810133559j:plain


午後のおよそ1時間での収穫。タケノコや椰子の芯、山菜など、森の幸もいっぱい! 親族一同で食事をするには十分な量です。

f:id:WorldStaff:20160810133602j:plain


最近では、一般の観光客でもロングハウスを訪問したり、宿泊できるツアーも出てきました。意外と気軽に参加できるので、おススメです。